FC2ブログ

勘八峡の吊橋(豊田市)/矢作川

2016.04.28 (Thu)
勘八峡の吊橋 
  古い写真をスキャナーで電子化して、数十冊のフエルアルバムを処分する作業を行っている。そうした中で、おそらくこれが生涯初めてと思われる昔の吊橋を渡る写真が出てきた。昭和44年5月2日に犬山へ遠足と記されているので、おそらく木曽川に架かっていたと思われる。白黒写真なので解りにくいけれど、背景の足元には水面と岩が見えていて、左手向こうはダム(取水堰)のようなコンクリート構造物が見えている。そういわれてみれば、この人の背丈ほどの木材をアングル状に組んだ構造は、同じ木曽川上流に現存する桃介橋などと酷似した造りとなっている。この写真を持っていまの風景を探しに行くのも面白そうだと思った。
勘八峡の吊橋210323
 その後の研究で、筆者の自宅近くを流れる矢作川を20キロほど遡った“勘八峡”と言われる場所に昔架かっていた吊橋だということがわかった。中部電力の発電施設は今も残り、その一部が酷似しているのが決め手となった。


スポンサーサイト



back-to-top