御油宿から赤坂宿へ【東海道五十三次を歩く】

2016.05.31 (Tue)
御油宿から赤坂宿へかけての16丁の間には、御油の松並木【国の天然記念物】があるほか、寺社旧跡や巨木など、江戸時代の面影をしのぶものが随所に残り、退屈しない散策を楽しむことができる。

御油宿から赤坂宿へc

御油宿から赤坂宿へb 

御油宿から赤坂宿へa 
 松並木沿いの音羽川にはさまれた場所は、豊川市の講演となっており、竹林や散策路などが整備されていた。

御油宿から赤坂宿へ0 

御油宿から赤坂宿へ8 

御油宿から赤坂宿へ9 
 樹齢800年のクスノキがそびえる場所ある関川神社。

御油宿から赤坂宿へ7 

御油宿から赤坂宿へ4

御油宿から赤坂宿へ5 

御油宿から赤坂宿へ6
長福寺。長者が愛人「力寿姫」の菩提を弔らうために寄進された聖観世音菩薩が安置されている。
門前には「信州善光寺出張所」という石塔もあった。

御油宿から赤坂宿へ1 

御油宿から赤坂宿へ2 

御油宿から赤坂宿へ3
浄泉寺。外郭の観音堂には石造の観音像がずらりと並んでいた。

スポンサーサイト
back-to-top