fc2ブログ

赤穂城と赤穂浪士

2007.06.29 (Fri)
赤穂城1

 最近、郷土の歴史を発掘し、それをテーマにした美しい街づくりを進める事例が増えている。浅野内匠頭と吉良上野介の事件、そしてそれに続く大石内蔵助と赤穂浪士の討ち入りなど、有名な史実の背景がある赤穂市はなかなか発展していた。
赤穂城2

 赤穂城は5万石の浅野氏には過度に広壮で、これがために財政難に陥った。5層天守の造営も計画されていたが幕府への遠慮か財政難の為か造営されず、天守台のみが今日に残っている。
赤穂城3

スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top