赤坂宿(豊川市)【東海道五十三次】

2016.05.30 (Mon)
赤坂宿7 
 引き続き、東海道五十三次の宿場町を歩きに行ってきた。
前回の「鳴海宿~宮宿」から順番に、池鯉鮒、岡崎、藤川、赤坂・・・と歩を進めるのが順当であるが、鳴海から池鯉鮒は、少々距離があることと、次週6月4日~5日に「有松絞り祭り」があり、その時に歩くことにしているため、少々飛ばして赤坂宿から御油宿へ向けて歩いてみた。

赤坂宿8 

赤坂宿9 
 赤坂宿のメインは、まだ現役だと聞いていた「旅籠・大橋屋」のはずだったが、行ってみると大橋屋の玄関先に閉業したこと。建物を豊川市へ寄付したこと。豊川市主催で6月18日(土)に一般公開があることなどが張り紙されていたため、店先に屋号を掲げた大橋屋の暖簾をくぐることはできなかった。

赤坂宿1 

 名鉄の名電赤坂駅から国道1号を越えて旧街道へ突き当たったところの両側の角地にはポケットパークがあって、高札や案内などが掲げられていた。行ってみて気付いたのだが、この宿場にも山車の格納庫がいくつかあり、10月第二日曜日には「大名行列まつり」として山車の引き回しも行われるようだ。また8月第3日曜日には雨乞い祭が行われるようである。
赤坂宿3 

赤坂宿2 

赤坂宿4 

赤坂宿6 

赤坂宿5

赤坂宿22 

赤坂宿21 

赤坂宿24 

マンホールのデザインが、どこかで見たような上手な旅籠の風景が書かれていたが、赤坂宿の浮世絵をデザイン化したものであった。
赤坂宿0赤坂宿23 

 
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top