木曽福島/大手橋【土木学会選奨土木遺産】

2008.02.06 (Wed)
大手橋3

 木曽福島の街なかを流れる木曽川に土木学会選奨土木遺産に選ばれた橋があった。中島武という若き技術者が設計した鉄筋コンクリートのローゼ桁橋で、ドイツ人ローゼが考案した鋼鉄のアーチ橋工法を鉄筋コンクリートに置き換えて設計するという、日本独自の技術を生み出した。
大手橋1

 昭和11年の日本は、鋼材不足により鉄の橋が架けられなくなったため、それに変わる材料として鉄筋コンクリートで橋が架けられないかを考えて生み出されたものだ。中島武は長野県に赴任していた3年半(1933~1937)の間に、この大手橋を皮切りに長野県下で7つのローゼ桁橋を架けた。そのうちの5つ(大手橋、昭和橋、親沢橋、姫川橋、栄橋)が現存しており、今では文化財として人々の暮らしの風景に溶けこみ定着している。
大手橋2

 大手橋の橋長は34m、幅員5.5mで、後に下流側に歩道が付け足されている。
大手橋4

 大手橋の下流には、「崖家づくり」と呼ばれる、崖のように張り出した民家が連なっている。
今なら河川の真上に住宅を造ることは考えられないのだが、おそらく川沿いの岩盤は民有地であり、道路と川にはさまれる土地をめいっぱい活用しようとした建築様式がこのような形で競って作られたのではないかと思われる。1月18日のブログで紹介した福島県飯坂温泉の旅館群もこの建築条件と共通したものが見いだせる。
大手橋5

スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top