恐山/三途の川の太鼓橋

2008.02.08 (Fri)
三途の川2

 下北半島の霊場「恐山」の入り口にも、その雰囲気にすっかり溶けこんだ太鼓橋があったのを思い出した。「二級河川 正津川」という河川標が立てられていたが、硫黄分が大量に溶けこんだ水と空気で、川沿いのガードレールはボロボロに錆び、自然がいっぱいな場所だけど、お世辞にもきれいな空気だとは思えない場所だった。
三途の川3

 人は死ぬと七日目ごとに七回の審判を受けて冥途に達すると言われているが、一七日(ひとなのか)が過ぎると次に三途の川を渡らねばならない。そこに架かる橋は、善人のみが渡ることができ、現世で罪を犯した人は渡れないとされている。そんな雰囲気漂う印象的な場所だった。
三途の川1
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top