fc2ブログ

河童倶楽部の伝言板

2006.11.12 (Sun)
「河童倶楽部」へようこそ。
河童倶楽部では、全国の街づくり風景をテーマに筆者が全国を歩き回って取材した風景写真やお会いした人の情報を掲載しています。
 筆者へのご意見や連絡事項などありましたら、このページ一番下のフォーム(または、お好きなページでも構いません)に、お気軽にお書きください。投稿いただくと筆者にメールが転送される仕組みになっていますので、折り返し(できる限り速やかに)対処させていただきます。
 私的な内容については、□シークレットにチェックをつけていただければ、第三者に見れない仕組みとなっていますのでご利用ください。
スポンサーサイト




コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2009.02.25 18:19 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2009.09.07 15:19 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2009.10.25 16:03 | 編集
はじめまして
河童さんと同じような、橋道街の写真を撮ることが
好きなもののひとりです。偶然、このページにたどり着きました。
それにしても、河童さんの行動力は半端じゃないですね。
これからも時々、拝見させていただきます。
bridge-man | 2009.10.29 22:02 | 編集
Bridge-manさん、コメントをいただき、ありがとうございました。URLも拝見しました。今まで何気なく通り過ぎてきた数々の街にある美しい歩道橋などが満載されていて、どれをとってもベストの方向から、存分に時間を掛けて撮られた写真ばかりですね。これからも全国各地へ橋の写真を撮りに行きますが、取材候補地のリストが一気に増えてしまいました。
河童 | 2009.11.04 22:41 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2010.01.28 22:57 | 編集
てつお様

 河童倶楽部への応援メッセージ、ありがとうございます。
 
 私も建設関係の行政の仕事に就くうちに、『景観と街づくり』にどんどん興味がふくらんで、週末ごとに全国のいろんな景観の写真を撮り、街づくりが盛んな地区を歩き、自分の心で感じ取る旅を続けております。いろんなサブテーマが変遷してきましたが、最近は「橋のデザイン」特に「吊り橋」と「斜張橋」に魅了され、夢中になっております。

 自宅でパソコンに向かうことのできる時間が限られており、睡魔と格闘しながら取材成果の整理に追われており、とにかく写真を厳選してアップすることを優先しています。そんなことを3年間続けてきて、ようやく橋の写真ブログが1000箇所まで揃えられ、これを横並びに整理して見渡すだけで、いろんな発想が浮かんでくるようになり、そろそろまとまった文書を書き始めなければと思える今日この頃です。

 私は、橋をユーザー側の視点で鑑賞しておりますが、メーカーさんの視点に立って橋を見渡すのも、きっと別の観点kら面白いものがあるのでしょうね。てつおさんのつくっってこられた橋で、思い入れのある橋の話など、ぜひ伺いたいです。

> はじめまして。
> 橋梁の写真を集めたサイトを探していてたどり着きました。
> 私は鋼橋の業界にいますが、このように鋼橋・PC橋と橋梁に注目して頂いて非常に嬉しいです。
>
> 鋼橋の業界にいながら実は鋼コンクリート複合橋やPCラーメン橋が好きなんですが笑。NEXCOさんはPCラーメン橋とか美しい橋梁が多いですね。
>
> 橋梁の仕事といっても大半が鈑桁・箱桁のありふれたものですが、いつか私が担当した橋梁がアップされることを楽しみにしています。
河童 | 2010.01.29 22:35 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2010.07.08 23:48 | 編集
 初めまして。
 いつも楽しい橋の写真を観覧しています。
自分も橋が好きであちこちで写真を撮ってきましたが、こちらのページに感動を受け、自分もブログを立ち上げました。まだ少ないですが良かったら見て下さい。
 質問なんですが、どうやって変わった橋を見付けているのですか?行き当たりばったりではなく、下調べをして現地に赴いている様に思えるのですが。良かったら教えて下さい。自分も多くの橋に出会いたいです。
たけ | 2010.10.08 02:37 | 編集
たけ様
 河童倶楽部へのメッセージありがとうございます。私も平野暉雄先生の「橋を見に行こう」という写真集から、橋の魅力にとりつかれ全国の橋めぐりを始めたのですが、私のホームページから何かを感じていただいたとのこと。たいへん嬉しいです。

 長野県も私の隣県なので車で移動できる本拠地エリアだと思っていたのですが、私の知らない橋ばかりで、思わず声が出るぐらい興味深い橋でいっぱいですね。一つ一つの橋にじっくり時間を掛けて鑑賞されている様子がよく読み取れます。私は日々の睡眠不足との戦いの中で、写真をアップするだけがやっとですが、しっかりと説明文も書かれていて、今後1年2年と続けられていくと相当見応えのある写真集になるのではと期待しております。

 私が橋の取材候補地に選定する方法ですが、基本は「土木学会田中賞」や土木遺産などの文化財、景観賞、あるいは雑誌などに掲載された橋などのリストをプロアトラス上に旗揚げしておき、そちら方面に旅行するときに立ち寄るようにしています。最近は「吊橋」のスペシャリスト?としてテレビ局などから声が掛かり、そちらに重点を置いていることから、ブログに500橋の吊橋を紹介することを目標としています。こちらの候補地選びについては、リストもなければ他の人のホームページでの紹介事例も少ないため、かなり苦労しています。国土地理院の地形図のページで、河川を河口から源流まで辿っていくと、車が通れる橋は地図記号で「 〕〔 」というように真ん中の縦線の部分が二本線となっていますが、人だけが渡れる橋はその部分が一本線となっています。原始的なつり橋はもともと人だけを渡すために建設費を抑えた簡素な構造物なので、ほとんどが人だけが渡れる一本線となっています。あとは、それにつながる道が破線で描かれた小径であるかどうか、等高線の混み具合から谷の深さなどの地形をイメージして、吊橋っぽいなぁと思ったところにチェックをいれておくというのがノウハウです。

 橋の位置をぐーぐるマップに表示されているのはいいですね。そのやり方、いつか私のブログでも使わせてもらおうと思いました。取材地についても、今後どんどん追いかけていくと思いますが、許してくださいね。
河童 | 2010.10.08 20:55 | 編集
 橋の探し方、とても参考になりました。ありがとうございます。地図で下調べをしてから見に行くのですが、当たりの川ばかりではないので面白い橋を探すのに苦労していました。
 500本の吊橋の掲載を応援したく、自分が見てきたものをアップしていきます。自分のブログが何かの参考になればと思います。長野県にも是非何度も訪れて下さい。
 「橋を見に行こう」を見てみます。どんな衝撃の橋があるか楽しみです。

 旅先で橋から落っこちたとか事故の無い様、無事を祈っています。自分は高所が苦手なのでもっと気を付けないといけないんですけどね…。
 これからも沢山の橋の掲載を期待しています。
たけ (ふみゅう) | 2010.10.09 13:00 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2011.05.19 23:48 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2011.10.07 12:51 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2012.05.01 22:21 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2013.02.03 15:17 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2013.09.12 12:37 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
| 2013.10.15 14:52 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2013.11.28 16:57 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2013.12.05 15:06 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.01.27 17:30 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.03.02 13:36 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.03.06 12:56 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.04.14 16:15 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
| 2014.07.07 17:31 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.08.05 00:13 | 編集
 吊橋マップについて、下記のようなご質問をいただいています。

 私が全国で探してきた吊橋の場所について、皆さまにも是非お出かけいただきたいとの思いから、一年程前よりYahoo!のスポットノートに登録して日本全国1000を超えるの吊橋の位置が一覧表示できる地図を完成させました。ところが、Yahoo!の方から「2014年6月19日をもって、スポットノートはサービス終了!」という宣告があり、現在はかろうじて過去に登録した一つ一つの吊橋地図は見られる状況ですが、一つ一つのフラグから、写真を入れた紹介ページ、あるいは全国地図へのリンクがなくなった状態となっています。

 これから先、いつか気を取り直して、新たな地図サービスを研究して再構築したいと思っております。

> 初めまして。去年あたりから人道吊り橋巡りを始めた者です。サイト掲載の情報を参考にさせていただいています。
>
> 1つ質問なのですが、各々の橋の紹介ページ下部にある、Yahoo地図を別ウィンドウやタブで開く方法はないのでしょうか。この地図上には全国の吊り橋が★印で表示されており、ある土地を訪ねる際に、同時に見たい付近の吊り橋を目途づけする上で非常に便利なのですが。もし何か方法があれば(簡単なことかもしれません)、是非教えていただければ幸いです。
>
> 先週末は、静岡県の安倍川の吊り橋を堪能してきました。月末には、同じく大井川を再訪(二度目)する予定です。
河童 | 2014.08.06 05:53 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.12.12 19:31 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.12.16 20:38 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2015.02.06 16:59 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2015.02.13 15:05 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2015.03.17 11:38 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2015.03.17 17:57 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2015.03.19 18:19 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2015.05.10 11:25 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2015.05.10 13:58 | 編集
北海道に住んでます。安住紳一郎の日曜天国ききました。
ホームページも確認し、感心した次第です。もう20年くらい前でしょうか。雨竜沼湿原に工事現場の関係で行きました。登る途中で吊り橋の建設をしていましたね。あまり大きな橋ではないのですが、、、
これから、北海道はいい季節になります。
参考までに、、
防災クラブ | 2015.05.11 07:36 | 編集
藤見さま
 安住慎一郎の日曜天国から早速〝河童倶楽部〟へのメッセージをいただきありがとうございます。
 今までテレビ出演9回の経験はありましたが、生放送への出演は初めてのことで、かなり舞い上がってしまいいろいろと数字を間違えるなどダジタジでしたが、安住さんや中澤さん豊かな人間力に引っ張られて、どうにか最後までトークを続けることができました。ラジオの前で聴いていただいた大勢の皆様にも感謝の気持ちでいっぱいです。
 さて、島田市の竹島地区のつり橋について情報ありがとうございます。航空写真で探してみると、確かにありますね。ちょうどもっとも好きで好きでたまらない「塩郷のつり橋」の近くで県道藤枝天竜線からお茶畑の中を歩いていったところで、笹間川にかかる〝つりばしい橋〟が写っています。
 近日中に取材しましたら、ライブラリーに追加したいと思います。「いくつか・・・」ということは、それ以外にも上流へさかのぼっていくと、いろいろとあると期待して楽しみにして参ります。

> 日天聞いています
> HP拝見しました
> 私の故郷の吊橋がリストに有りませんでしたので
> 情報提供いたします
> 静岡県大井川水系 笹間川にいくつか掛かっています
> 住所は静岡県島田市川根町笹間上
> 竹島(たけじま)地区に一つ農業用の渋いのが有ります
> ご参考まで
河童@管理人 | 2015.05.11 19:32 | 編集
Dr.りとはふ様
 安住紳一郎の日曜天国より、ホームページへメッセージをいただきありがとうございます。
 大勢の皆様より、TBSの方にも放送中にもたくさんのメッセージをいただきありがとうございました。
 
 さて、山梨県の早川上流(野呂川)のつり橋を教えていただきました。ちょうど日本で〝二番目の高い山〟に昇格した間ノ岳は、つり橋の聖地「大井川」の源流でもあり、中央構造線周辺の造山現象が活発なエリアですので、その東側の登山者しか寄せ付けないような大自然に包まれた場所にもつり橋はあるわけです。自家用車が入れないのでバスで2時間ですか。登山をしないのにそれだけの時間とコストを掛けて訪れなくてはならないというのがツリバシストの使命というか義務感なのでしょうね。秋の紅葉の美しい時期にきっと訪れると思います。教えていただきありがとうございました。

> はじめまして。
> TBSラジオを拝聴して、このHPを拝見しました。
> 南アルプス・北岳の登山道入り口にかかる吊り橋が、HPの吊り橋一覧に見当たらなかったので、書き込みました。
> 甲府駅からバスで約2時間。北岳の登山道入り口である、広河原山荘の手前、野呂川にかかる吊り橋です。
> 自分、登山の時にいつもこの橋を目印にしているので、よろしかったらご訪問ください。
> すでにご存知でしたら、失礼いたしました。
>
> http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p1_4572.html
河童@管理人 | 2015.05.11 20:28 | 編集
防災クラブさん、つり橋情報をありがとうございます。
 北海道は、学生時代に自転車で20日間の旅をしてから、日本離れした大自然の美しさに心がふるえて、その後もちょくちょくと出かけています。しかし札幌から北へ50キロのほどの所に、暑寒別岳の山麓に「雨竜沼湿原」という別天地があるというのはノーマークでした。いつか長い休暇が取れたら言ってみたい場所がふえました。
グーグル航空写真では探し出せないのですが、それは車道のつり橋なのでしょうか。

> 北海道に住んでます。安住紳一郎の日曜天国ききました。
> ホームページも確認し、感心した次第です。もう20年くらい前でしょうか。雨竜沼湿原に工事現場の関係で行きました。登る途中で吊り橋の建設をしていましたね。あまり大きな橋ではないのですが、、、
> これから、北海道はいい季節になります。
> 参考までに、、
河童@管理人 | 2015.05.11 20:46 | 編集
レス遅れてすいません。防災クラブです。雨竜沼湿原の吊り橋は人道橋です。
雨竜沼湿原で検索いただければ、たくさんの情報があると思います。あと、、、北海道深川市多度志(たどしと読みます。)と沼田町の堺を流れる雨竜川に吊り橋があります。グーグルアースで見れました。昔よく遊びました。そこは、立ち入り禁止だと思います。
記憶をたどるのですが、いつかのどこかでいろいろな吊り橋を渡ったような気がします。また、思い出したら連絡します。
防災クラブ | 2015.05.14 20:22 | 編集
下川町行かれたんですね。下川には一年ほどサンリダムの仕事で行ってました。
いまグーグルアースで調べたんですが、自分の工事事務所があった近くに、サンル川を渡る吊り橋があったのですが撤去されてました。残念です。あの日以来吊り橋の記憶をたどっております。
では。
防災クラブ | 2015.05.14 20:37 | 編集
藤見さま
 先日、教えていただきました大井川支川の“笹間川”へ、早速出かけてきました。
 ちょうどお茶畑の新緑が美しく、山あいののどかな場所に5つの吊橋を発見し
 興奮して帰ってきました。
 ブログの方に早速追加しましたが、これで静岡県の吊橋は200橋になりました。
 今後とも、吊橋情報などよろしくお願いします。
河童@管理人 | 2015.05.17 23:06 | 編集
防災クラブさま
 北海道は雨竜沼湿原&雨竜川の吊橋情報をお寄せいただきありがとうございました。
 ホームページ等を検索して吊橋の場所を突き止めましたので下記の「日本全国吊橋マップ」に
 未踏破を示す黄色いアイコンで登録しました。いつの日か達成を示す赤いアイコンへ替わることを
 夢描いて、引き続き吊橋研究を続けていきたいと思います。

https://www.google.com/maps/d/viewer?utm_medium=website&utm_source=google&utm_campaign=m4b-website-main&hl=ja&mid=zzxTbLoLvYe4.k5oFqyd4OemI

> レス遅れてすいません。防災クラブです。雨竜沼湿原の吊り橋は人道橋です。
> 雨竜沼湿原で検索いただければ、たくさんの情報があると思います。あと、、、北海道深川市多度志(たどしと読みます。)と沼田町の堺を流れる雨竜川に吊り橋があります。グーグルアースで見れました。昔よく遊びました。そこは、立ち入り禁止だと思います。
> 記憶をたどるのですが、いつかのどこかでいろいろな吊り橋を渡ったような気がします。また、思い出したら連絡します。

> 下川町行かれたんですね。下川には一年ほどサンリダムの仕事で行ってました。
> いまグーグルアースで調べたんですが、自分の工事事務所があった近くに、サンル川を渡る吊り橋があったのですが撤去されてました。残念です。あの日以来吊り橋の記憶をたどっております。
> では。

河童@管理人 | 2015.05.20 23:44 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2015.06.24 22:29 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2015.08.25 15:57 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2015.10.13 19:14 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2015.11.04 12:58 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2015.11.18 17:24 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2016.01.16 19:52 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2016.06.03 11:20 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2016.06.27 16:03 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2016.09.16 09:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top