FC2ブログ

亀甲橋【土木学会田中賞】

2008.11.17 (Mon)
亀甲橋3
三重県の青山高原カントリークラブに、大変珍しい吊床版橋があると知り訪ねてきた。正式な構造的名称は「三方向分岐直路式PC吊床版橋」といわれており、その世界初となる作品が公共の空間ではなくゴルフ場の中にあった。
亀甲橋1
金曜日の閑散としたゴルフ場の受付に飛び込んで、「田中賞の橋梁を見せていただけないでしょうか」とお願いしたところ、受付嬢の対応はきわめて事務的で「お断り!」との一点張り。しかし運がよかったことに、「建設関係の研究に来られたのなら、お見せしましょう」と別の方が案内に立ち見せていただくことに。たいへん感謝しております。「田中賞と、あとFIB賞受賞も受賞しているのですよ・・・」と、いろいろと解説をいただきながら橋をひと回り見せていただくことができた。
亀甲橋2
 ゴルフ上の創設者である藤田啓介氏(藤田学園の創始者)が発注した先端技術を駆使した歩道橋で、1991年に完成。橋長L=136m(最大支間長75m)、幅員W=2.1m、60キロの人が1470人乗っても壊れない強度で設計されているとか。現在は高欄や橋面に傷みが目立つようになり補修を検討しているとのことだが、元々の木材を使うか耐久性のある樹脂を使うかで意見が分かれているとのこと。
筆者としては、折角の世界に誇る橋梁を長く美しい状態で保存するためには、材質を見直して補修が少ないものとしていただきたいし、できることならゴルフに訪れる人だけでなく、橋に興味がある人に(公開日を限定したり、入場料を取ってもよいので)希望者が自由に見られるようにしてもらえたらなぁと思えるのですが...。

亀甲橋4

亀甲橋17

亀甲橋14

亀甲橋15

亀甲橋16

亀甲橋13

亀甲橋12

亀甲橋11

スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top